ホーム > 民法3 親族法・相続法 第三版

民法3 親族法・相続法 第三版

民法3 親族法・相続法 第三版

小型でパワフル名著ダットサン。平成23年民法改正等や判例の進展を盛り込み、8年ぶりの改訂をし、さらにパワーアップを図った。

著者、編者、訳者など 我妻 榮
有泉 亨
遠藤 浩
川井 健
ジャンル 法律
ISBN 978-4-326-45087-9
出版年月 2013年1月
判型・ページ数 B6判・464ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

現時点における通説の到達した最高水準を簡明に解説した定評のあるスタンダードテキスト。民法等の法改正、家事事件手続法の制定、最新判例、社会の動向にも配慮し改訂を施した。本書引用判例に、姉妹書である民法基本判例集の判例番号を明記して学習の便宜を図る。資格試験の受験生の入門書、仕上書として、学生の教科書として最適。

このページのトップへ

目次

第三版はしがき
はしがき
新訂の序
初版の序

第四編 親族法

第一章 序説

第二章 親族
 第一節 親族の意義
 第二節 親族関係の変動
 第三節 親族関係の効果

第三章 婚姻
 第一節 序説
 第二節 婚姻の成立
 第三節 婚姻の無効および取消し
 第四節 婚姻の効果
 第五節 婚姻の解消
 第六節 内縁

第四章 親子
 第一節 序説
 第二節 実子
 第三節 養子
 第四節 親子の氏
 第五節 親権

第五章 後見

第六章 保佐および補助

第七章 扶養

第五編 相続法

第一章 序説

第二章 相続人

第三章 相続の効力
 第一節 総説
 第二節 相続分
 第三節 遺産の分割
 第四節 相続回復請求権

第四章 相続の承認および放棄
 第一節 序説
 第二節 単純承認
 第三節 限定承認
 第四節 相続の放棄

第五章 財産分離

第六章 相続人の不存在

第七章 遺言
 第一節 序説
 第二節 遺言の方式
 第三節 遺言の効力
 第四節 遺言の執行

第八章 遺留分

事項索引/判例索引




我妻榮(わがつまさかえ)
明治30年米沢市に生まれる。大正9年東京帝国大学卒業,東京大学教授,東京大学名誉教授,法務省特別顧問。昭和48年10月逝去。
有泉亨(ありいずみとおる)
明治39年山梨県に生まれる。昭和7年東京帝国大学卒業,京城大学法文学部を経て東京大学教授,社会科学研究所教授,東京大学名誉教授。平成11年12月逝去。
遠藤浩(えんどうひろし)
大正10年米沢市に生まれる。昭和25年東京大学卒業,学習院大学教授,学習院大学名誉教授。平成17年5月逝去。
川井健(かわいたけし)
昭和2年広島市に生まれる。昭和28年東京大学卒業,北海道大学助教授・教授,一橋大学教授・学長を経て,現在一橋大学名誉教授。

このページのトップへ