ホーム > レディーの赤面

レディーの赤面

ヴィクトリア朝社会と化粧文化

レディーの赤面

観相学の流行をバックに作り上げられたヴィクトリア朝の「理想の女性」像とは。文学作品、服飾、化粧品などの資料から描き出す1冊。

著者、編者、訳者など 坂井妙子
ジャンル 社会・女性
ISBN 978-4-326-65379-9
出版年月 2013年2月
判型・ページ数 四六判・260ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

産業革命後のミドルクラスの勃興と、彼らを主役とする近代的消費文化の祖形が確立したヴィクトリア朝期。人の外面から内面を読みとることができるとする観相学の流行をバックに、「赤面」は若い女性の純真を示す表象となる。擬似科学から芸術、商品経済までが絡み合い、「理想の女性」像がつくられる過程を文学、絵画、服飾等の資料から描き出す。

このページのトップへ

目次

序章 ヴィクトリアンにとっての表情とは
 1 観相学と社会
 2 生理学から見た赤面の魅力
 3 女性と赤面

第一章 赤面を科学する――チャールズ・ダーウィン『人、及び動物の表情について』(一八七二年)
 1 著作の成り立ち
 2 神の介在しない情動表現
 3 セクシュアリティーの進化

第二章 理想的なレディーの赤面――ドリー・ヴァーデン
 1 衆目を集めたドリー
 2 解読を拒む赤面
 3 二つのタイプ
 4 ドリーの心情

第三章 「明るい」顔色が語る
 1 顔色の重要性
 2 顔色の道徳性
 3 化粧非容認論

第四章 化粧の美徳を説く
 1 現実的な問題
 2 化粧肯定論

第五章 ブラッシュ・ローズを纏う
 1 ファッションとして
 2 ブラッシュ・ローズの成り立ち

終章 ヴィクトリアンの自己抑制と赤面
 1「病気」にされた男性の赤面
 2 道徳観と自己抑制

あとがき
初出一覧
図版出所一覧
参考文献





著者略歴
1990年 日本女子大学大学院文学研究科博士課程前期修了
1995年 ロンドン大学大学院博士課程修了(M. Phil. 取得)
2004年 ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館特別研究員
現 在 日本女子大学人間社会学部教授
著 書 『ウエディングドレスはなぜ白いのか』(勁草書房、1997年)
    『おとぎの国のモード』(勁草書房、2002年)『アリスの服が着たい』(勁草書房、2007年)『ファッションの歴史』(分担執筆、朝倉書店、2002年)『ピーターラビットは時空を超えて』(分担執筆、北里書店、2004年)『衣装で読むイギリス小説』(分担執筆、ミネルヴァ書房、2004年)『ギャスケルで読むヴィクトリア朝前半の社会と文化』(分担執筆、彩流社、2010年)、他。

このページのトップへ