ホーム > 北東アジアの「永い平和」

北東アジアの「永い平和」 [アジア地域統合講座][アジア地域統合講座]

なぜ戦争は回避されたのか

北東アジアの「永い平和」

北東アジアではなぜ50年以上にわたり「永い平和」が続いているのか。朝鮮戦争休戦以来、大規模な軍事紛争がない地域の秘密に迫る。

著者、編者、訳者など 植木(川勝) 千可子 編著
本多 美樹 編著
ジャンル 政治
経済
ISBN 978-4-326-54632-9
出版年月 2012年11月
判型・ページ数 A5判・288ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

北東アジアは、紛争の種、対立の種が多く存在するといわれている。世界で2位と3位の経済大国である日本と中国があり、世界最大の米国もその軍事プレゼンスを維持している。歴史的な対立関係も続いている。竹島・独島、尖閣・魚釣島をめぐる領土問題も存在する。等々。そのような状態にあるにもかかわらず続いている「永い平和」の説明をいくつかの事例を検証することによって試みる。

このページのトップへ

目次

刊行にあたって[天児慧]

はじめに[植木(川勝)千可子・本多美樹]

第1章 「永い平和」の謎――何が平和をもたらしたのか?[植木(川勝)千可子]
 1.はじめに
 2.どうやって謎を解くか
 3.本書の構成

第1部 「永い平和」の解明:理論

第2章 北東アジアの「相対的安定」と極構造[泉川泰博]
 1.はじめに
 2.理論と研究デザイン
 3.データと分析
 4.北東アジアの国際システムとシステム理論の再検討
 5.おわりに:本研究の限界と今後の研究への含意

第3章 費用便益による戦争抑制効果――「割に合わない」戦争[植木(川勝)千可子]
 1.はじめに
 2.費用便益による平和維持のメカニズム
 3.北東アジアにおける相互抑止メカニズム
 4.北東アジアの費用便益
 5.おわりに

第4章 流動化する安全保障上の脅威と危機管理――重層的なしくみへ:フォーマルからインフォーマルまで[本多美樹]
 1.はじめに
 2.北東アジアの安全保障環境:脅威と課題の多様性
 3.重層的な安全保障体制への発展
 4.問題領域別の協力体制の構築:フォーマルからインフォーマルまで
 5.おわりに

第5章 「共同体」なき北東アジアにおける永い平和――リアリズムとリベラリズムの混合アプローチ[寺田貴]
 1.はじめに
 2.安全保障共同体論
 3.北東アジアと安全保障共同体論
 4.経済相互依存論と中国
 5.リアリズムとアメリカの役割
 6.アメリカの役割の事例:朝鮮半島と南シナ海
 7.おわりに

第2部 「平和」が試された事例:危機激化が回避され,平和が保たれたのはなぜか?

第6章 朝鮮半島における「永い平和」の背景――危機回避の要因分析を手がかりに[大平剛史・道下徳成]
 1.はじめに:北朝鮮――危機のエスカレーションが回避され,平和が保たれた諸事例
 2.事例1:プエブロ号事件(1968年)
 3.事例2:EC-121撃墜事件(1969年)
 4.事例3:ポプラ事件(1976年)
 5.事例4:第1次核危機(1993~94年)
 6.事例5:第2次核危機(2003~07年)
 7.おわりに

第7章 台湾海峡における「永い平和」に関する史的考察[天児慧・黄偉修]
 1.はじめに
 2.第2次台湾海峡危機(1958年)
 3.第3次台湾海峡危機(1995,96年)
 4.比較分析
 5.おわりに

第8章 尖閣諸島をめぐる国家・利益の相克――安定から不安定化への転換の論理[天児慧]
 1.はじめに
 2.「歴史的事実」の確認
 3.国家の論理に基づく「領有権」論争
 4.経済利益としての「尖閣問題」と「永い平和」
 5.大国ナショナリズムの台頭と「尖閣問題」の不安定化
 6.おわりに:漁民の「俺たちの海」から未来の東シナ海の平和を考える

第9章 中国のエネルギー安全保障と日中関係――東シベリア石油パイプラインに関する日中競合を中心に[青山瑠妙]
 1.はじめに
 2.東シベリア石油パイプライン問題について
 3.東シベリア石油パイプラインをめぐる日中の攻防
 4.東シベリア石油パイプラインと中国のエネルギー輸送ルート
 5.エネルギー分野における日中協力
 6.おわりに

第10章 「永い平和」の謎の解明[植木(川勝)千可子・本多美樹]
 1.「永い平和」の種と今後
 2.3つの平和の種
 3.平和に対する挑戦2つ
 4.平和の要因をめぐるプラスの変化
 5.平和を続けるために

このページのトップへ