ホーム > 教師になること、教師であり続けること

教師になること、教師であり続けること

困難の中の希望

教師になること、教師であり続けること

「教師バッシング」はもうやめて! 今日教師たちが直面している困難を論じ、その中で生きる教師に問われる原理的な問いを提示する。

著者、編者、訳者など グループ・ディダクティカ
ジャンル 教育・心理
ISBN 978-4-326-29901-0
出版年月 2012年9月
判型・ページ数 四六判・292ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

教師・教育を取り巻く状況は厳しさを増している。日々教育現場で業務に忙殺される教師に対して「世間」はますます厳しい目を向け、さらに教師の困難を増幅している。前著『学びのための教師論』に続いて教師を主題とし、「教師」に関する国内外の政策動向を記述しつつ、昨今の状況そのものを相対化し、突破する視点を提供する。

このページのトップへ

目次

まえがき

第Ⅰ部 教師の困難はどこから来るのか

第一章 教師になること/教師であることの現在[山崎雄介]
 一 「教師受難の時代」と教職人気
 二 新人教師の「困難」の主要な根源――対「大人」関係へのとらわれ
 三 教師をめぐる政策動向――「資質能力向上」策の矛盾
 四 学校と教師の管理――評価・説明責任の跋扈と首長のイニシアティヴ
 五 困難の中に希望はあるか

第二章 学校は、なぜこんなにも評価まみれなのか――教育のグローバル化とPISAの果たした役割[松下佳代]
 一 評価の時代
 二 グローバル教育改革運動(GERМ)とPISA
 三 日本の教育へのPISAの影響
 四 別のかたちの模索

第三章 まじめな教師の罪と罰――教師が教師であるために必要なこと[松下良平]
 一 はじめに――学校と塾の違いがわからない
 二 公教育のオモテとウラ
 三 誠実な教師は思い悩む
 四 なぜまじめな教師が求められるのか
 五 まじめな教師のどこが問題なのか
 六 むすび――誠実なプロフェッショナルへ

第Ⅱ部 この世界で教師として学ぶ

第四章 新人教員の苦悩に対して教員養成には何ができるか[杉原真晃]
 一 採用一年目の新人教員の苦悩
 二 新人教員の苦悩の深層(一)――学校現場
 三 新人教員の苦悩の深層(二)――教員養成
 四 教員養成には何ができるか
 五 教員養成にできること・できないこと

第五章 「若手教師」の成長を支えるもの――授業力量を成長させる要因[木原成一郎・久保研二]
 一 はじめに
 二 「若手教師」の成長の困難さと成長を支える要因の存在
 三 桃山先生の成長――体育授業における授業力量の変化
 四 桃山先生の成長を促した要因
 五 おわりに

第六章 同僚に学びながら教師になっていく――初任期から中堅期への成長[松崎正治]
 一 教師の成長の鍵となる時期とは
 二 本章の主人公――坂本さんと先輩教師・西野さん
 三 モデルとなる先輩教師を模倣する――四~五年目[二〇〇六─二〇〇七年度]
 四 たとえてみることで拡張する――六年目の実践[二〇〇八年度]
 五 学校文化とメンター
 六 まとめ

第七章 中堅期からの飛躍――「協同的な学び」との出会い[森脇健夫]
 一 はじめに
 二 S中学校での教師たちの経験
 三 おわりに――「観」の問い直しの場としての学校

第Ⅲ部 閉塞状況をどう突破するか

第八章 受験体制の中で自分の教育観にこだわる――ジレンマのやり繰りと教師の学び[藤原顕・荻原伸]
 一 はじめに
 二 荻原実践をめぐる対話とその解釈

第九章 教師バッシングはもうやめて――心躍る学びの場を[村井淳志]
 一 教師バッシングが常態化したこの三〇年
 二 朝令暮改の猫の目教育行政
 三 アカウンタビリティに名を借りたアリバイ書類づくり
 四 品質保証に名を借りた自由裁量の剥奪
 五 いちばん不足しているのは、教師の心を揺さぶる場
 六 私の教員免許更新講習の実践から
 七 おわりに

第一〇章 教師はどのようにして生徒の学びが〈みえる〉ようになっていくのか[吉永紀子]
 一 授業を〈みる〉ことと生徒の学びが〈みえる〉こととの間
 二 松本中学校における授業研究はどのようにして行われるのか
 三 教師の懐く問いが実践の探究の道すじを決める――村松晋さんの実践の省察を手がかりにして

第一一章 制度としての「評価の圧力」の下での実践の創造[鋒山泰弘]
 一 はじめに
 二 新しい教育評価の方法を実践に取り入れるとは
 三 子どものための「評価の日常化」とは
 四 おわりに

第一二章 学校の「しんどさ」とどうつきあうか――「(仮)センセの放課後」のとりくみから[石垣雅也]
 一 はじめに
 二 私が感じていた「しんどさ」――採用一年目の経験から
 三 「(仮)センセの放課後」の誕生
 四 「(仮)センセの放課後」の風景
 五 初任者への「指導」場面における「しんどさ」
 六 悩みを率直に表明できない職場の「しんどさ」
 七 「貧困問題」と「青年教師の困難」の重なり――失われる学校・教師の「溜め」
 八 おわりに――可視化された問題を「つながり」でのりこえる

資料
事項索引
人名索引

このページのトップへ