ホーム > 角松 生史

角松 生史

名前 角松 生史
カナ カドマツ ナルフミ
 

プロフィール

角松 生史(かどまつ なるふみ) 1963年生。1992年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。東京大学社会科学研究所助手、九州大学法学部助教授を経て、2005年より神戸大学大学院法学研究科教授。主著に、「『公私協働』の位相と行政法理論への示唆」公法研究65号(2003年)200頁以下、「手続過程の公開と参加」磯部力他編『行政法の新構想Ⅱ』(有斐閣、2008年)289 頁以下、「『協議調整型』まちづくりの制度設計とルール/スタンダード論」日本不動産学会誌27巻3号(2013年)55頁以下、『エコノリーガル・スタディーズのすすめ―社会を見通す法学と経済学の複眼思考』(有斐閣、2014年)第8章(共著)ほか。

このページのトップへ