ホーム > 中尾 央

中尾 央

名前 中尾 央
カナ ナカオ ヒサシ
 

プロフィール

中尾 央(なかお ひさし)
1982年生。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学、京都大学)。現在は山口大学国際総合科学部助教。専門は科学哲学・科学技術社会論。主な業績に Nakao et al. (2016). Violence in the prehistoric period of Japan: The spatiotemporal pattern of skeletal evidence for violence in the Jomon period. Biology Letters, 12, 20160028、『人間進化の科学哲学:行動・心・文化』(名古屋大学出版会, 2015年)、Nakao, H. and Andrews, K. (2014). Ready to learn or ready to teach: A critique to the natural pedagogy theory. Review of Philosophy and Psychology, 5(4), 465-483など。

このページのトップへ