ホーム > 近藤 久洋

近藤 久洋

名前 近藤 久洋
カナ コンドウ ヒサヒロ
 

プロフィール

近藤久洋(コンドウ ヒサヒロ) 東京国際大学国際関係学部准教授.専門は開発と援助の比較政治経済学. 横浜市勤務の後,英国国立イースト・アングリア大学大学院開発学研究科修士課程を経て, 2003年にリーズ大学大学院政治学・国際関係学研究科から博士号. 主著は, 'Policy Networks in South Korea and Taiwan during the Democratic Era', Pacific Review, 15(2) (2002年), 'Diversity and Transformation of Aid Patterns in Asia's "Emerging Donors"', JICA-RI Working Paper (共著、2010年), 『開発政治学入門』,勁草書房(共編,2011年),'Korea s Pathway from Recipient to Donor: How does Japan matter?', in Jin Sato et al. (eds) , The Rise of Asian Donors: Japan's Impact on the Evolution of Emerging Donors, Oxford: Routledge (2012), 'Taiwan's Foreign Aid: Seeking for Statehood', in HyoSook Kim et al. (eds) , Foreign Aid Competition in North-East Asia, Sterling, VA: Kumarian Press (2012)など。

このページのトップへ

著作一覧

開発政治学入門

開発政治学入門

木村宏恒・近藤久洋・金丸裕志 編

 
 

このページのトップへ