ホーム > 植原 亮

植原 亮

名前 植原 亮
カナ ウエハラ リョウ
 

プロフィール

植原 亮(うえはら りょう)
1978年埼玉県に生まれる。2008年東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。博士(学術、2011年)。現在、関西大学総合情報学部准教授。著書:『実在論と知識の自然化』(勁草書房、2013年)、『脳神経倫理学の展望』(共著、勁草書房、2008年)、『脳神経科学リテラシー』(共著、勁草書房、2011年)、『道徳の神経哲学』(共著、新曜社、2012年)ほか。訳書:T・クレイン『心の哲学』(勁草書房、2010年)、P・S・チャーチランド『脳がつくる倫理』(共訳、化学同人、2013年)。

このページのトップへ

著作一覧

脳神経科学リテラシー

脳神経科学リテラシー

信原幸弘・原塑・山本愛実 編著

 
心の哲学

心の哲学

ティム・クレイン著 植原亮訳

 
 

このページのトップへ