ホーム > 大沢 秀介

大沢 秀介

名前 大沢 秀介
カナ オオサワ ヒデスケ
 

プロフィール

大沢 秀介(おおさわ ひですけ)
1950年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程後期満期退学。愛知教育大学名誉教授。パース関係の論文には、「〈セミオシス〉としての志向性」愛知教育大学研究報告第43輯、「認識論的個人主義に対するパースの批判とその帰結」愛知教育大学研究報告第44輯、「論理と数学―パースの場合」愛知教育大学研究報告第46輯、「アブダクションの論理としてのプラグマティズム」『理想』669号、「パースと熱力学」『大航海』No.60などがある。また、パース関連の著書としては『知識という環境』(共著、第一章)、名古屋大学出版会、『心の科学と哲学:コネクショニズムの可能性』(共著、第三部「ピクトリアリズムと像的論理」)、昭和堂、等がある。

このページのトップへ