ホーム > 大塚 正之

大塚 正之

名前 大塚 正之
カナ オオツカ マサユキ
 

プロフィール

大塚 正之(おおつか まさゆき)
昭和27年生まれ。昭和52年東京大学経済学部卒業。昭和52年司法修習生。昭和54年名古屋地方裁判所判事補。その後、最高裁判所事務総局家庭局付、東京家庭裁判所判事、那覇地方・家庭裁判所石垣・平良支部長、東京地方裁判所判事、大阪高等裁判所判事、横浜家庭裁判所判事、東京高等裁判所判事、千葉家庭裁判所判事などを経て平成21年退官後、早稲田大学大学院法務研究科教授。平成26年3月退職。現在、弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニック所属弁護士・早稲田大学臨床法学教育研究所招聘研究員。〔主要著作〕『判例先例 渉外親族法』(日本加除出版、2014) 『場所の哲学――近代法思想の限界を超えて』(晃洋書房、2013) 『家事紛争解決プログラムの概要――家事調停の理論と技法』(共著、司法協会、2014) 『家族法実務講義』(共著、有斐閣、2013)

このページのトップへ