オススメ情報

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
 

〈危機の領域〉

〈危機の領域〉

勁草書房創立70周年企画
「けいそうブックス」第一弾

【書評】
日本経済新聞 2018年6月30日(評者 小関広洋氏 帝京平成大学教授)
毎日新聞 2018年6月3日(評者 大竹文雄氏)

「危機を哲学する」〈危機の領域〉。危機に対応するには多様な意見を交換する熟議を私たちの社会は尊重していかなければならない。

 

系統体系学の世界

系統体系学の世界

勁草書房創立70周年企画
「けいそうブックス」第一弾

【書評】
日本経済新聞 2018年6月30日(評者 野家啓一氏 東北大学総長特命教授)

系統学の森から、分類学の谷へ?「体系学曼荼羅」片手に、ツアー・ガイドはみなか先生。時空間を超える科学史的トレッキングへ出発!

 

パンと野いちご

パンと野いちご

2018年5月刊行 2018年8月好評3刷出来

書評
朝日新聞 2018年7月21日
日本経済新聞 2018年7月7日

戦時下で、難民状況の中で、人びとは何を食べていたのか。セルビアに住む著者が友から聞きとった食べ物と戦争の記憶。レシピつき。

 

メタ倫理学入門

メタ倫理学入門

2017年8月刊行後好評につき即重版
2018年3月 4刷決定

善いとか悪いってどういうこと? 倫理の問題に答えなんてあるの? 一歩下がって考えることで、深くて広い新しい世界が見えてくる。

 

「未解」のアフリカ

「未解」のアフリカ

日本経済新聞 2018年3月10日
「この一冊」掲載
(評者 峯陽一氏 同志社大学教授)

私たちは「アフリカ」を知っているのか。従来のアフリカ観を根底からひっくり返し本物のアフリカ(国家、宗教、言語等々)を語る書。

 

教育思想事典 増補改訂版

教育思想事典 増補改訂版

近年の重要タームを追加した17年ぶりの改訂版

好評を得た初版に、近年の教育学/教育思想のキーワードを追加。新たな執筆陣を迎え、最新の研究動向と概念を解説した「読む」事典。

 

ダメな統計学

ダメな統計学

2017年1月刊行 大好評につき6刷出来

科学者が陥る統計の誤用を分析し、防ぐ方法をレクチャー。ウェブ版に大幅加筆してさらに読みやすくなり、待望の邦訳がついに刊行。

 

ネット炎上の研究

ネット炎上の研究

SNSで大反響

炎上はなぜ生じるのだろうか。炎上を防ぐ方法はあるのだろうか。炎上は甘受するしかないのだろうか。本書はこれらの問いに答える。

 

民法案内1 第二版

民法案内1 第二版

法律を学び法律に携わる全ての人へ。大家が軽妙な語り口で民法の奥行きを平明に説く不朽の名著。

 

ディープ・アクティブラーニング

ディープ・アクティブラーニング

2015年1月刊行 2016年12月9刷出来

学生が他者と関わりながら対象世界を深く学ぶには? 知識や経験と結びつけながら、今後の人生につなげていける学習の生成を目指す。